『HUION Kamvas Pro12』は視認性や操作性を両立した液タブ

HUION Kamvas Pro12 液タブ傾き検知機能付き Adobe RGB92%色域 筆圧8192充電不要ペン アンチグレアガラス搭載 11.6インチフルHD液タブ ドーナツ型ペン立て付き GT-116

液タブは、板タブよりも優れている製品と言われているので、液タブであれば、どのような機種も利用しやすいと思っていないでしょうか。

実は、同じ液タブでも、機種によっては利用しやすい機種もあれば、利用しづらい機種もあるのです。

そこで、おすすめしたいのが『HUION Kamvas Pro12』です。

本製品は、視認性と操作性などが優れている液タブなので、多くの方たちが利用しやすい機種なので、詳しく解説しましょう。

HUION Kamvas Pro12の視認性

HUION Kamvas Pro12 液タブ傾き検知機能付き Adobe RGB92%色域 筆圧8192充電不要ペン アンチグレアガラス搭載 11.6インチフルHD液タブ ドーナツ型ペン立て付き GT-116

本製品は『視認性』が優れている液タブなので、イラストを見やすくなっているので、効率よく制作する事が可能です。

それでは、どのような視認性になっているのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

光の影響を抑制

液タブは、本体部分の液晶画面にイラストが表示されるので、アナログと同じような感覚でイラストを制作できます。

しかし、液晶画面は光を反射する機種が多いので、イラストが見えづらくなってしまう事があるので、注意しなければいけません。

そこで、本製品は『AG 反射防止加工ガラス』を採用していて、光の反射が小さくなっているので、イラストが見えやすいです。

イラストが見えやすくなれば、目にかかる負担を軽減できるので、以前よりはイラストを制作しやすくなります。

高い解像度

本製品の『解像度』は、1920×1080もあるので、線や色をなめらかに表示する事が可能です。

実は、液タブは線や色を『点』によって、表示します。

本製品の解像度は、1920×1080もあるので、横方向に1920個・縦方向に1080個もあります。

もしも、点をあまり表示できなかったら、線や色がギザギザのように表示されてしまって、美しいグラデーションを表示する事も難しいです。

そのため、視認性が優れている液タブを探している場合には、解像度が高くなっている本製品はおすすめの機種です。

本製品の操作性

本製品は、様々な機能が搭載されているので『操作性』も優れています。

この操作性を理解できたら、本製品がいかに優れている液タブなのか分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

筆圧レベル

液タブの操作性を左右するもので『筆圧レベル』があります。

この筆圧レベレが低くなっていたら、専用ペンにかける力の入れ具合を加減しても、線や色の太さを変える事が難しくなってしまうのです。

それでは、本製品の筆圧レベルはどうなっているのかと言えば、8192レベルもあるのです。

このレベルは、現在ではトップクラスの数値なので、本製品の操作性がいかに優れているか分かるでしょう(2018年12月28日時点)。

実際に、本製品のように筆圧レベルが優れていれば、専用ペンを1回引くだけで、細い線から太い線まで描き分ける事が可能です。

専用ペン

本製品の専用ペンは『充電不要ペンPW507』で、電池を変える必要がないタイプです。

そのため、イラストを制作している最中に、電池が切れてしまって、制作を中断するような事がありません。

さらに、本製品は『傾き検知機能』を搭載しているので、専用ペンを傾ける事によって、濃淡をコントロールする事もできます。

専用ペンで濃淡をコントロールできれば、専用ソフトのツールをクリックする必要がないので、制作時間を短縮する事が可能です。

3 IN 1ケーブル

液タブは、よほどの上位機種でなければ、パソコンを併用する必要があります。

そのため、液タブとパソコンを接続する必要があるので、多くのコードが必要です。

パソコンデスクに多くのコードを設置していたら、手がコードに引っかかって、コードや液タブを故障させる可能性があるので、注意しなければいけません。

しかし、注意しながらイラスを制作していたら、制作時間が長引いてしまいます。

ところが本製品は『3 IN 1ケーブル』を採用しているので、少ないコードで液タブとパソコンを接続する事が可能になっています。

ショートカットキー

本製品のボディには『ショートカットキー』が4個も搭載されています。

このショートカットキーはカスタマイズする事ができるので、専用ソフトのツールをクリックする回数が少なくて済みます。

ただし、本製品のショートカットキーは、ボディの左側に位置しているので、左利きの方が利用しようとしたら、専用ペンや手がショートカットキーに接触する可能性が高いです。

そのような事になれば、制作しづらく感じてしまうので、注意して下さい。

本製品の基本情報

本製品の視認性や操作性などを紹介してきましたが、それだけでは、この液タブの全てを把握した事にはなりません。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

必要なシステム

本製品は、パソコンと併用する必要がありますが、そのためには本製品に対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

その対応可能なOSとは、Windowsは10・8・7で、MacはOS最新バージョンになります(2018年12月28日時点)。

このように、WindowsとMacの両方で対応可能になっている事は本製品の大きな魅力です。

ただし、OSをパソコンにインストールしたらデータがなくなってしまう事があるので、事前に重要なデータはバックアップするようにしましょう。

リーズナブルな価格

本製品は、魅力的なポイントが多い液タブだったので、多くの方たちは「高額な液タブではないのか」と思ってしまったかもしれません。

ところが、本製品は意外な事にリーズナブルな価格になっていて、Amazonでは送料無料で、税込価格31,299円で購入する事ができるのです(2018年12月28日時点)。

実は、数多くある液タブの中には、300,000円を超えてしまう機種があります。

それを考えたら、本製品は高額な機種に比べて、10分の1程度の値段になっているので、コストパフォーマンスが優れている液タブである事が分かるでしょう。

本製品を利用するメリット

本製品は、高機能な液タブになっているので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットがあるのか説明するので、確認してみて下さい。

短期間でスキルアップ

本製品は、ショートカットキーが搭載されている上に、視認性が優れているので、短期間でイラスト作品を完成させる事ができます。

そのため、短期間で数多くの作品を完成させる事ができるので、短期間でスキルアップする事が可能です。

なぜなら、イラストを制作するためには、まずは下描きをして、それから着色する必要があるからです。

もしも、イラストの制作に時間をかけていたら、下書きの時に失敗した経験を忘れてしまって、次の作品制作に活かす事が難しくなります。

それに引き換え、本製品は短期間で新しい作品制作に取りかかる事ができるので、前回の失敗を活かす事が十分に可能です。

ソフトを購入

本製品は、リーズナブルな価格になっているので、専用ソフトを購入する資金を準備する事が容易です。

実際に、イラストを制作するソフトは、無料の物もありますが、そのようなソフトは簡易的な物なので注意しなければいけません。

それに引き換え、有料ソフトは高機能な物になっているので、本製品のように低価格な液タブを購入して、有料ソフトを併用するメリットは大きいです。

まとめ

本製品は、視認性や操作性などが優れているので、短期間でイラスト作品を完成させる事ができます。

ただし、精密機器になっているので、パソコンデスクから落下してしまえれば、故障する原因になるので注意しなければいけません。

左利きの方では、ショートカットキーに接触する回数が多くなる可能性もあります。

そのような注意点はありますが、コストパフォーマンスの高い液タブなので、おすすめの機種です。