液タブ『Acouto 21.5インチ IPSグラフィックス』を紹介

液タブは、板タブよりも高機能な家電製品なので、デジタルのイラスト制作をしている方であれば、手に入れたいと思うでしょう。

しかし、数多くある液タブの中には、利用しづらい機種もあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『Acouto 21.5インチ IPSグラフィックス』です。

本製品は、高機能になっているだけではなく、利便性まで優れているので、その魅力に迫ってみましょう。

Acouto 21.5インチ IPSグラフィックスの魅力

本製品には、魅力的なポイントが3つあって、それが、筆圧レベル・サイズ・解像度などです。

この3つのポイントがあるお陰で、本製品は操作性と利便性を両立することができているので、詳しく紹介しましょう。

筆圧レベル

本製品の『筆圧レベル』は、2048レベルもあって、線や色の太さの幅が広くなっています。

その利用法は、専用ペンにかける力の入れ具合を加減するだけで良いのです。

数多くあるペンタブの中には、1024レベルの機種がありますが、筆圧レベルが低くなっていたら、太い線を描くために何回も専用ペンをなぞる必要があります。

そのようなことになってしまえば、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

イラストを効率よく制作したい場合には、筆圧レベルが高くなっている本製品は、おすすめの液タブです。

サイズ

本製品は『21.5インチ』もあるので、勢いのある線を引くことが十分に可能です。

実際に、画面が小さくなっている液タブでは、肘を使って腕を動かして線を引くことが難しいので、勢いよく線を引くことができません。

このように小さな画面では、手首を使って線を引くことになってしまいますが、そのような線では曲がりやすくなるので気をつけなければいけません。

そのため、勢いのある線を引きたい場合には、本製品を検討してみる価値があります。

しかし、サイズが大きすぎたらパソコンデスクが狭く感じてしまいますが、本製品であれば大きすぎるサイズというわけではないので、利便性が優れています。

解像度

液タブの操作性を左右するもので『解像度』が挙げられます。

なぜなら、解像度が低くなっていたら、線や色がなめらかに表示できないからです。

特に、色が徐々に変わっていくグラデーションは、高い解像度の液タブでなければ、綺麗に表示できません。

それでは、本製品の解像度はどうなっているのかと言えば、1920×1080もあるのです。

これほど高い解像度になっている液タブであれば、美しいイラストを表示することは十分に可能です。

本製品のメリット

本製品は、高機能なペンタブなので、いくつかメリットを得ることができます。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのようなメリットを得ることができるのか解説するので、みていきましょう。

アナログに近い環境

本製品は、液晶画面にイラストが表示されるので、アナログに近い環境でイラストを制作することができます。

それに引き換え、板タブはパソコンの画面にイラストが表示されるので、その操作に慣れるまで時間をかけてしまいます。

本製品は、アナログに近い環境になっているので、今までペンタブを利用してこなかった方でも、短期間で操作に慣れる可能性は高いです。

ただし、本製品はパソコンよりも低い位置にあるので、ある程度まで頭を下の方へ傾けて見る必要があるので、肩や首に負担をかけてしまうので注意してください。

短期間でスキルアップ

本製品は、操作性が優れているので、短期間でイラストを完成させることができます。

そのため、短期間でスキルアップすることができます。

なぜなら、イラスト制作をしている時に、失敗してしまったところがあった場合には、その失敗を次回作に活かすことができるからです。

しかし、作品制作に時間をかけてしまえば、失敗した原因を忘れた状態で、次回作の制作にとりかかる可能性が高いのです。

そのようなことを考えたら、短期間でイラストを完成させることができるのは、本製品の大きな魅力でしょう。

イラスト制作で副業

本製品を利用すれば、デジタルのイラストを制作できるので、在宅で副業することもできます。

そこで、どのような副業が可能なのか紹介するので、確認してみてください。

ポストカード

自宅で、本製品を利用してイラストを制作することができれば『ポストカード』を制作することもできます。

ただし、ポストカードを制作するためには、本製品やパソコンだけではなく『プリンター』も必要です。

初期投資に少しお金をかけることになってしまいますが、ポストカードを制作することができれば、画廊で販売することができますし、インターネットでポストカードを紹介することもできます。

クラウドソーシング

ポストカードを販売する場合には、紹介するためにブログまたはホームページを作成する必要があるので、少し手間暇をかけてしまいます。

あまり手間暇をかけないで副業したい場合には『クラウドソーシング』がおすすめです。

クラウドソーシングとは、簡単に言ってしまえば、在宅で働く方たちに仕事を紹介してくれる所です。

実際に、クラウドソーシングのサイトでは、イラストやロゴなどの仕事を紹介している所があるので、インターネットを利用できる状態であれば、イラストを作成することによって収入を得る事ができます。

本製品の基本情報

本製品について詳しく紹介してきましたが、基本情報も把握しておかなければ、この液タブを購入した後にイメージしたものと違ってしまう可能性があります。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、参考にしてみてください。

デザイン性

本製品は『ブラック』と『グレー』のツートンカラーになっているので、オシャレなデザインになっています。

そのため、派手なデザインが苦手な方でも、本製品であれば満足できる可能性が高いです。

ただし、パソコンデスクが木目調のデザインになっていたら、少し目立ってしまうデザインになるので注意しなければいけません。

そのようなことを考えたら、本製品を購入する際には、自宅に設置しているパソコンデスクに合うデザインになっているのか把握した上で、購入するべきか検討した方が良いです。

対応可能なOS

本製品を利用する際には、パソコンと併用する必要がありますが、対応可能なOSが決められているので注意する必要があります。

実際に、本製品に対応可能なOSとは、WindowsのXP・7・8・10などです。

Macでも利用することはできますが、本製品を紹介している商品サイトでは、MacのOSについて詳しく紹介していないので、どのOSが利用できるのか判明していないので注意する必要があります。

もしも、対応可能なOSがパソコンにない場合には、インストールしておく必要があるので気をつけてください。

コストパフォーマンス

本製品は、高機能な液タブになっているので、高額なイメージを抱いてしまった方は多いかもしれません。

ところが、本製品は低価格な液タブになっていて、Amazonでは送料別ですが税込価格73,999円で購入することができるのです(2019年1月2日時点)。

実は、数多くある液タブの中には、200,000円以上になっている機種はいくつもあります。

それを考えたら、本製品のコストパフォーマンスがいかに優れているのか分かるでしょう。

まとめ

本製品は、適度な大きさになっているので、窮屈(きゅうくつ)に感じないですし、パソコンデスクに設置しやすくなっています。

ただしパソコンデスクの大きさによっては窮屈に感じることもあるので、注意しなければいけません。

そのような注意点もありますが、高機能な液タブになっているので、1個でも多くのイラスト作品を完成させたい場合には本製品を購入してみる価値があります。

液タブがペンタブより優れている点はどんな所? 選ぶ時に見ると良いポイントは?

イラスト制作では液タブや板タブを使うプロが多いですが、液タブには板タブには無い優れた点が幾つもあります。

今回はそんな液タブの優位性を見ていきます。

また、液タブを購入する時に重要な選び方や、そこで使えるソフトについても解説します。

ポイントを抑えて、描きやすい液タブを手に入れ、イラスト制作が捗る作業環境を作っていきましょう。

マウス操作の限界

イラストレーターに憧れ始めたら、最初にぶち当たる問題がマウス操作の限界です。

マウス操作でも、イラスト制作は出来ますが、手書き感覚で絵を描く事に慣れきってしまっている方は不便に感じる事もあるでしょう。

実際、マウスでイラストを描くのは不便な事ばかりで、ラスタ形式のペイントソフトを使って描く場合、線がガタガタになる事もしばしばあります。

手書きなら綺麗な線が引ける方も、それがパソコンのマウス操作になった途端、うまく引けなくなることもあるのでイラスト制作では入力デバイスはとても重要なものです。

プロはペンタブを使う

イラスト制作をしたい時に、プロが使う入力デバイスがペンタブと呼ばれる機器です。

ペンとタブレットが独立していて、ペンでタブレットの上をなぞると線を描けます。

マウス操作でイラスト制作をするときのように、左クリックしつつドラッグしなくてもよく、手首の上下と腕のスライドで線が引けるのが特徴です。

紙にペンで絵を描くのと同じ動きで描かけるので、普段も少なくなりますし、直感的な操作が出来ます。

また、ペンタブは液晶画面が搭載されている液タブと呼ばれる商品と、搭載されていない板タブがあります。

液タブと板タブは操作性が若干違いますので、ペンタブの購入を検討しているなら、まずはどちらを買うか判断していきましょう。

液タブが板タブより優れている点

ペンタブを購入する人がよく悩むポイントが、液タブにするか板タブにするかです。

ただ、液タブには板タブにはない優れている点が沢山ありますので、本格的にプロとしてイラスト制作に携わりたいなら、板タブにするのもおすすめです。

直ぐ慣れやすい

液タブはペンを下ろした部分に、そのまま線が引かれるのに対し、板タブは線が引かれるのはパソコンの画面上です。

この違いが、液タブが板タブより大きく優れていると言えるポイントになっています。

また、液タブは画面とペン先がそのままリンクしているので「絵を描いている」感覚が強いですが、板タブはそのような感覚は薄いです。

そのため、紙の描くのと同じ感覚操作でイラスト制作が出来るので、板タブよりも液タブは慣れやすいと言われています。

板タブは手元が隠れないというメリットはありますが、慣れるまでに時間がかかる事もあるので、購入後、直ぐに快適にイラストを描きたいなら液タブがおすすめです。

作業効率の良さ

直感操作が可能なので、作業効率面でも液タブは板タブより優れていたりします。

特にペン入れの時に、液タブは板タブより優れていると評価する方も多いです。

人によっては板タブだと描き直しが増えて、作業効率が落ちていたが、液タブにしたら描き直しが減り作業効率がアップしたと言う方もいます。

人により板タブのほうがやりやすいという方もいますし、液タブのほうがやりやすいという方もいるので、どちらが絶対に優れているとは言えませんが、板タブから液タブに乗り換えた方の口コミや評判を見れば作業効率が良くなったという声もよく聞かれます。

また、普段から紙に描いて、それをパソコンにスキャンしてデジタル化していたような方は、板タブのほうが圧倒的に使いやすいと感じ作業が捗ることもあります。

小型のOS付きのものならタブレットPCにもなる

液タブには、コンパクトでOSが搭載されているモデルもあり、それを使うことでイラストを描かない時は、タブレットPC代わりに使うことが出来ます。

イラスト制作もやりたい、タブレットPCも欲しいという方は、OS搭載の液タブを購入すればその願望を一挙に叶えることが可能です。

また、プロ仕様の液タブは、本体スペックもかなり高く、イラスト制作の他にアニメーション制作もそれ一台で快適に出来たりします。

描いたイラストを使って2Dのアニメーションを制作したり、3DCGの素材に使ったりしたい方にも最適です。

タブレットPC代わりに使えれば、外出先で「絵を描きたい」という衝動に駆られた時に、サッとバッグから取り出して絵を描けます。

肌身離さず持ち歩き、いつでもイラスト制作が出来る環境を作りたい方は液タブが活躍するでしょう。

液タブが板タブ代わりにもなる

一般的な使い方ではありませんが、液タブを板タブとして機能させることが出来るものもあります。

板タブはそもそも液晶画面が搭載されていないので、液タブ代わりには使えません。

液タブを買うと決めたら見ておきたいポイント

板タブを比較して、液タブを買うと決めたら良い液タブはどれか探すことになります。

また、液タブ選びの時には、価格以外にもチェックしたい事があります。

ワコム等の大手メーカーか

安い液タブは板タブと同程度の価格で販売されていますが、基本的に液タブは板タブより割高です。

ですので、人によってはとにかく価格重視で選ばれる方もいますが、あまり有名ではないメーカーが販売している液タブは、サポートや性能面で大手メーカーに劣る場合もあります。

ペンタブ業界でも一番シェア率が高い、大手がワコムですので、初めて使うならワコム製の液タブから入るのがおすすめです。

画面のサイズは何インチか

液タブは液晶画面の大きさが、そのままパレットサイズになってきます。

小さいコンパクトな液タブは、持ち運びもしやすかったりしますが、細々としたイラストを描く時に、作業領域が狭くて作業しにくいことも多いです。

また、かと言って大きすぎると、場所外られたりデスクスペースを圧迫して、かえって作業がしにくくなる可能性もあります。

大きさは液タブ選びでは特に慎重にならなければいけない部分ですので、出来るなら家電量販店のデモ機を見たり、実際に描いたりして使い勝手を確認するのがおすすめです。

サイズが数インチ違うだけで、描き着心地や使い勝手に影響が出たりします。

筆圧レベル

液タブと似たようなものとして、タブレットPCがありますが、一般的なタブレットPCには筆圧を感知してくれる機能は備わっていません。

そして、筆圧感知機能が液タブを利用する大きな理由となっています。

筆圧レベルが高いほど、自然な描き心地が生まれますので、筆圧感知機能や傾き感知機能、そして筆圧レベルがどれほどかを見ていきましょう。

マルチタッチ機能があるか

液タブは操作にペンを使用しますが、タッチ機能が付いているものは指先でも操作が行えます。

指先のほうが操作しやすい事もありますし、右手のペンを持ち、左手の指先で微調整するということもタッチ機能が付いていれば出来ますのでとても便利です。

指を使ってズームができれば作業効率のアップが期待できます。

まとめ

イラスト制作を捗らせたいなら、マウスではなくペンタブを使って描くようにしましょう。

また、液タブは板タブには無い優れた機能やポイントがありますのでおすすめです。

ちなみに一部の液タブは、マウス操作では出来ないタッチジェスチャーが使えたり、ショートカットを設定して好みのカスタマイズが出来たりするのも魅力です。

HUION GT-192は操作性能が優れている液タブ!

HUION KAMVAS PRO 20 GT-192 傾き検知 液晶タブレット 19.5インチ 液タブ ショートカットキー タッチバー 付き AGガラス 1920x1080HDスクリーン

液タブは、板タブに比べたら、アナログに近い環境でイラストを制作する事ができます。

しかし、液タブは機種によって、操作しやすい機種もあれば、操作しづらい機種もあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『HUION GT-192』です。

本製品は操作性能が優れているので、効率よくイラストを制作する事が可能になっているので、詳しく紹介しましょう。

HUION GT-192の操作性

本製品は、操作性能が優れている液タブなので、今までよりもイラスト制作の時間を短縮する事ができます。

それでは、本製品の操作性能はどこまで優れているのか解説するので、みていきましょう。

線や色の調整が容易

本製品は、筆圧が『8192レベル』にもなっています。

この数値は、現在ではトップレベルのほうなので、本製品は効率よくイラストを制作する事が可能です(2018年12月24日時点)。

実際に筆圧レベルが高くなっていれば、専用ペンにかける力の入れ具合によって、線や色の幅を調整する事ができるのです。

そのため、細い髪の毛から太い眉毛まで、ひと塗りで制作する事ができます。

筆圧レベルが低い液タブを利用していて、イラストの制作時間が長くなっている場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

色の濃淡をコントロール

筆圧レベルが高くなっていれば、効率よくイラストを制作する事はできますが、色の濃淡までコントロールする事は難しいです。

そこで、本製品は『傾き検知機能』まで搭載していて、専用ペンの傾き加減によって、色の濃淡までコントロールできるようになっています。

そのため、専用ソフトのツールをクリックして、色の濃淡を調整する必要がないので、短時間でイラストを制作する事ができます。

さらに、傾き検知機能と筆圧レベルを併用する事によって、線や色の幅が調整しやすくなっているので、本製品は利用価値の高い液タブです。

ショートカットキー

液タブは高機能な機種ですが『ショートカットキー』が少なくなっていたら、操作性能が優れているとは言い切れません。

なぜなら、ショートカットキーの数が多ければ、ワンタッチ操作で、専用ソフトのツールを変える事ができるからです。

本製品は、そのショートカットキーが16個も搭載されているのです。

これほど多くのショートカットキーが搭載されているので、 本製品を利用すれば、あまりマウスでクリックしなくてもイラストを制作できます。

本製品の優れた性能

本製品は、操作性能が優れているだけではなく、高性能な液タブになっています。

そのため、多くの方たちが満足できる可能性が高いので、詳しく紹介しましょう。

高解像度

液タブは、液晶画面でイラストが表示されるので『解像度』が低くなっていたら、なめらかな線や色が表示されません。

本製品は解像度が高くなっていて『1920×1080』もあります。

液タブは『点』で色や線を表示する事ができて、解像度の数値は、その点の数を表しています。

つまり、本製品は横方向に1920個の点と、縦方向に1080個の点を表示する事が可能です。

数多くの点を表示できる事から、グラデーションをなめらかに表示する事ができます。

反応の速さ

液タブで線を引く場合には、専用ペンを液晶画面に接していく必要があります。

もしも、液タブの反応速度が遅くなっていたら、専用ペンの動きについていけなくて、スムーズに線を引く事が可能です。

それでは、本製品はどうなっているのかと言えば『266レポート率』もあるのです。

これほどの数値を誇っている液タブなので、反応速度が早くなっているので、専用ペンを素早く動かしていっても、スムーズに線を引く事ができます。

製品情報の内容

本製品の操作性や性能などを理解してもらえた所で、次に製品情報の内容を紹介するので、この液タブを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

本製品のサイズ

本製品は、大きなサイズになっていて『552.2×315.3mm』もあります。

これほど大きなサイズになっているので、描画できるエリアも広くなっているので、描きやすくなっているのです。

そのため、手首ではなく肘を動かす事によって、線を引く事もできます。

実は、手首だけで線を引こうとしたら、勢いの良い線を引く事が難しいのです。

そのような事を考えたら、大きなサイズになっているのも本製品の大きな魅力です。

ただし、サイズが大きな液タブなので、パソコンデスクが窮屈(きゅうくつ)に感じてしまう場合があるので、注意して下さい。

必要なOS

本製品を利用する際には、パソコンと併用する必要があるので、この液タブに対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

そして、本製品に対応可能なOSは、Windowsは10・8・7で、MacはOS X10.11.0以降となっています。

ただし、パソコンに新しいOSをインストールしようとしたら、重要なデータがなくなってしまう場合があるので注意しなければいけません。

新しいOSをインストールする際には、事前に大事なデータだけはバックアップを取っておいたほうが良いです。

低価格な液タブ

本製品は、高性能な液タブなので、高額なイメージを抱いてしまったかもしれません。

ところが、本製品は驚くべき事に低価格な液タブになっています。

実際に、Amazonでは送料無料で税込価格56,099円で販売されているのです(2018年12月24日時点)。

数多くある液タブの中には、200,000円を超えてしまう機種はいくつもありますし、高額な機種になれば300,000円を超えてしまう機種まであるのです。

それを考えたら、本製品のコストパフォーマンスがいかに優れているか分かるでしょう。

利用者たちの口コミ

本製品はコストパフォーマンスが優れている液タブですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、購入するほどの価値があるのか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用してみたら、専用ペンのペン先があまり沈み込まなくて満足している方がいました。

実は、数多くある液タブの中には、専用ペンのペン先が沈み込みやすい機種もあるのです。

それを考えたら、ペン先があまり沈み込まないのも本製品の大きな魅力です。

さらに、本製品の色域が優れている所を気に入っている方もいました。

そのため、美しい色彩が見れる液タブを探している場合には、本製品を検討してみる価値があります。

さらに本製品は高性能になっているのに、値段が安くなっている所を気に入っている方もいました。

悪い口コミ

本製品を利用している方たちの中には、画面がギラついてしまって、不満を抱いている方もいました。

そのため、視認性があまり優れていない機種なので、注意する必要があります。

さらに発色をよくするためには、ある程度まで調整する必要があるので、気になってしまう方までいました。

液タブを調整する操作を覚える必要があるので、注意しなければいけません。

まとめ

本製品は、筆圧機能が優れているだけではなく、ショートカットキーまで多く搭載されているので、イメージ通りのイラストを制作する事が可能です。

ただし、操作性能が優れている液タブであっても、ある程度まで利用していなければ、本製品の機能を使いこなす事ができないので注意しなければいけません。

そのような注意点はありますが、操作性能が優れているので、短期間で多くのイラストを制作できるのは魅力的なポイントです。

『HUION Kamvas Pro12』は視認性や操作性を両立した液タブ

HUION Kamvas Pro12 液タブ傾き検知機能付き Adobe RGB92%色域 筆圧8192充電不要ペン アンチグレアガラス搭載 11.6インチフルHD液タブ ドーナツ型ペン立て付き GT-116

液タブは、板タブよりも優れている製品と言われているので、液タブであれば、どのような機種も利用しやすいと思っていないでしょうか。

実は、同じ液タブでも、機種によっては利用しやすい機種もあれば、利用しづらい機種もあるのです。

そこで、おすすめしたいのが『HUION Kamvas Pro12』です。

本製品は、視認性と操作性などが優れている液タブなので、多くの方たちが利用しやすい機種なので、詳しく解説しましょう。

HUION Kamvas Pro12の視認性

HUION Kamvas Pro12 液タブ傾き検知機能付き Adobe RGB92%色域 筆圧8192充電不要ペン アンチグレアガラス搭載 11.6インチフルHD液タブ ドーナツ型ペン立て付き GT-116

本製品は『視認性』が優れている液タブなので、イラストを見やすくなっているので、効率よく制作する事が可能です。

それでは、どのような視認性になっているのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

光の影響を抑制

液タブは、本体部分の液晶画面にイラストが表示されるので、アナログと同じような感覚でイラストを制作できます。

しかし、液晶画面は光を反射する機種が多いので、イラストが見えづらくなってしまう事があるので、注意しなければいけません。

そこで、本製品は『AG 反射防止加工ガラス』を採用していて、光の反射が小さくなっているので、イラストが見えやすいです。

イラストが見えやすくなれば、目にかかる負担を軽減できるので、以前よりはイラストを制作しやすくなります。

高い解像度

本製品の『解像度』は、1920×1080もあるので、線や色をなめらかに表示する事が可能です。

実は、液タブは線や色を『点』によって、表示します。

本製品の解像度は、1920×1080もあるので、横方向に1920個・縦方向に1080個もあります。

もしも、点をあまり表示できなかったら、線や色がギザギザのように表示されてしまって、美しいグラデーションを表示する事も難しいです。

そのため、視認性が優れている液タブを探している場合には、解像度が高くなっている本製品はおすすめの機種です。

本製品の操作性

本製品は、様々な機能が搭載されているので『操作性』も優れています。

この操作性を理解できたら、本製品がいかに優れている液タブなのか分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

筆圧レベル

液タブの操作性を左右するもので『筆圧レベル』があります。

この筆圧レベレが低くなっていたら、専用ペンにかける力の入れ具合を加減しても、線や色の太さを変える事が難しくなってしまうのです。

それでは、本製品の筆圧レベルはどうなっているのかと言えば、8192レベルもあるのです。

このレベルは、現在ではトップクラスの数値なので、本製品の操作性がいかに優れているか分かるでしょう(2018年12月28日時点)。

実際に、本製品のように筆圧レベルが優れていれば、専用ペンを1回引くだけで、細い線から太い線まで描き分ける事が可能です。

専用ペン

本製品の専用ペンは『充電不要ペンPW507』で、電池を変える必要がないタイプです。

そのため、イラストを制作している最中に、電池が切れてしまって、制作を中断するような事がありません。

さらに、本製品は『傾き検知機能』を搭載しているので、専用ペンを傾ける事によって、濃淡をコントロールする事もできます。

専用ペンで濃淡をコントロールできれば、専用ソフトのツールをクリックする必要がないので、制作時間を短縮する事が可能です。

3 IN 1ケーブル

液タブは、よほどの上位機種でなければ、パソコンを併用する必要があります。

そのため、液タブとパソコンを接続する必要があるので、多くのコードが必要です。

パソコンデスクに多くのコードを設置していたら、手がコードに引っかかって、コードや液タブを故障させる可能性があるので、注意しなければいけません。

しかし、注意しながらイラスを制作していたら、制作時間が長引いてしまいます。

ところが本製品は『3 IN 1ケーブル』を採用しているので、少ないコードで液タブとパソコンを接続する事が可能になっています。

ショートカットキー

本製品のボディには『ショートカットキー』が4個も搭載されています。

このショートカットキーはカスタマイズする事ができるので、専用ソフトのツールをクリックする回数が少なくて済みます。

ただし、本製品のショートカットキーは、ボディの左側に位置しているので、左利きの方が利用しようとしたら、専用ペンや手がショートカットキーに接触する可能性が高いです。

そのような事になれば、制作しづらく感じてしまうので、注意して下さい。

本製品の基本情報

本製品の視認性や操作性などを紹介してきましたが、それだけでは、この液タブの全てを把握した事にはなりません。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

必要なシステム

本製品は、パソコンと併用する必要がありますが、そのためには本製品に対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

その対応可能なOSとは、Windowsは10・8・7で、MacはOS最新バージョンになります(2018年12月28日時点)。

このように、WindowsとMacの両方で対応可能になっている事は本製品の大きな魅力です。

ただし、OSをパソコンにインストールしたらデータがなくなってしまう事があるので、事前に重要なデータはバックアップするようにしましょう。

リーズナブルな価格

本製品は、魅力的なポイントが多い液タブだったので、多くの方たちは「高額な液タブではないのか」と思ってしまったかもしれません。

ところが、本製品は意外な事にリーズナブルな価格になっていて、Amazonでは送料無料で、税込価格31,299円で購入する事ができるのです(2018年12月28日時点)。

実は、数多くある液タブの中には、300,000円を超えてしまう機種があります。

それを考えたら、本製品は高額な機種に比べて、10分の1程度の値段になっているので、コストパフォーマンスが優れている液タブである事が分かるでしょう。

本製品を利用するメリット

本製品は、高機能な液タブになっているので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットがあるのか説明するので、確認してみて下さい。

短期間でスキルアップ

本製品は、ショートカットキーが搭載されている上に、視認性が優れているので、短期間でイラスト作品を完成させる事ができます。

そのため、短期間で数多くの作品を完成させる事ができるので、短期間でスキルアップする事が可能です。

なぜなら、イラストを制作するためには、まずは下描きをして、それから着色する必要があるからです。

もしも、イラストの制作に時間をかけていたら、下書きの時に失敗した経験を忘れてしまって、次の作品制作に活かす事が難しくなります。

それに引き換え、本製品は短期間で新しい作品制作に取りかかる事ができるので、前回の失敗を活かす事が十分に可能です。

ソフトを購入

本製品は、リーズナブルな価格になっているので、専用ソフトを購入する資金を準備する事が容易です。

実際に、イラストを制作するソフトは、無料の物もありますが、そのようなソフトは簡易的な物なので注意しなければいけません。

それに引き換え、有料ソフトは高機能な物になっているので、本製品のように低価格な液タブを購入して、有料ソフトを併用するメリットは大きいです。

まとめ

本製品は、視認性や操作性などが優れているので、短期間でイラスト作品を完成させる事ができます。

ただし、精密機器になっているので、パソコンデスクから落下してしまえれば、故障する原因になるので注意しなければいけません。

左利きの方では、ショートカットキーに接触する回数が多くなる可能性もあります。

そのような注意点はありますが、コストパフォーマンスの高い液タブなので、おすすめの機種です。

Parblo Coast16は視認性が優れている液タブ?

液タブは、アナログに近い環境でイラストを制作する事ができる家電製品ですが、イラストが見えづらい機種も多いので、注意する必要があります。

そこで、イラストを効率よく制作したい方に、おすすめしたいのが『Parblo Coast16』という液タブです。

本製品は、視認性が優れているので、短期間でイラスト作品を完成させる事ができるので、その魅力に迫ってみましょう。

Parblo Coast16の特徴

本製品は『視認性』が優れているだけではなく、様々な付属品がセットで販売されています。

そのため、本製品は視認性と利便性を両立している液タブなので、詳しく紹介しましょう。

IPS液晶

数多くある液タブの中で、イラストが見えづらくなってしまうのは、液晶画面が大きく関係しています。

液タブは、ボディの液晶画面でイラストが表示されますが、見る角度によって色彩が変わって見える機種があるのです。

イラストを制作している時は、定期的に席から離れて、遠くからイラストを見て、線が曲がっていないか確認する事は重要です。

しかし、見る角度によって色彩が変わってしまえば、作品全体を確認する事が難しくなってしまいます。

そこで、本製品は『IPS液晶』を採用する事によって、色彩があまり変わらないようになっているのです。

そのため、視認性が優れている液タブを探している場合には、本製品はおすすめの液タブです。

解像度

本製品の視認性が優れているのは、IPS液晶を採用しているだけではなく『解像度』も高くなっているからです。

実際に、本製品の解像度は1920×1080もあるのです。

解像度を聞いた事がある方は多くても、解像度が高くなっていて、視認性が優れている意味について知っている方は少ないでしょう。

実は、液タブは色や線を『点』で表示していて、1920×1080というのは横方向に1920個の点・縦方向に1080個の点を表示できるという意味です。

これほど多くの点を表示できる液タブなので、多くの色や線を表示できるようになっているので、なめらかに表示する事が可能になっています。

交換用ペン

液タブは、家電製品なので、アナログのように消耗品がないように感じてしまうかもしれません。

ところが、専用ペンのペン先だけは消耗品となっているので、定期的にペン先を補充する必要があります。

液タブは高額な家電製品なので、最初はペン先まで購入する事が難しい方は多いでしょう。

そこで、本製品は『交換用ペン』を6本もセットになっているのです。

そのため、本製品であれば、急いでペン先を購入する必要がありません。

スタンド

液タブは、液晶画面にイラストが表示されるのでアナログに近い環境で、イラストを制作できのは大きなメリットです。

しかし、液タブはパソコンよりも低い位置にあるので、液タブばかりを見ていたら、頭部を傾けている状態が長く続いてしまいます。

そのような状態でイラストを制作していたら、肩や首に大きな負担をかけてしまうので、肩こりや首こりに悩まされてしまうのです。

ところが、本製品は『スタンド』が搭載されていて、ある程度まで液タブを起こした状態で固定する事ができるので、肩や首にかかる負担を軽減できます。

本製品の機能

本製品は、視認性が優れているだけではなく、様々な『機能』が搭載されています。

この機能を活用したら、さらにイラストを効率よく制作する事が可能なので、どのような機能が搭載されているのか紹介しましょう。

圧力感度

多くの液タブには『筆圧レベル』が搭載されていますが、この数値が低くなっていたら、線や色の幅が狭くなってしまいます。

それでは、本製品の筆圧レベルはどうなっているのかと言えば、8192レベルもあるのです。

これほど圧力感度が優れている液タブであれば、専用ペンにかける力の入れ具合によって、細い線から太い線まで描き分ける事が可能です。

そのため、太い線をひと塗りで描く事ができるので、イラスト作品を短期間で完成させる事ができます。

エクスプレスキー

液タブで、イラストを制作させるためには、専用ソフトを併用する必要があります。

専用ソフトを操作する際には、操作手順を変更させる時に『ツール』と呼ばれる所をクリックしなくてはいけません。

しかし、ツールをクリックしていたら、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで、本製品は『エクスプレスキー』を8つも搭載しているのです。

このエクスプレスキーを活用すれば、ツールをあまりクリックしなくても、イラストを完成させる事が可能です。

製品情報の詳細

本製品の特徴や機能などを紹介してきましたが、これだけでは、この液タブの全てを把握した事にはなりません。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、みていきましょう。

デザイン性

イラストを効率よく制作したい方たちの中には、液タブの『デザイン性』に注目している方もいるでしょう。

本製品は、ブラックとグレーのツートンカラーになっているので、シックで落ち着いたデザインになっています。

そのため、派手なデザインが苦手な方であれば、本製品に満足できる可能性は高いです。

ただし、パソコンデスクのカラーが明るいトーンになっていたら、本製品のデザインと合わない場合があります。

そのため、本製品を購入する際には、自宅に設置しているパソコンデスクのカラーと合うのか確認してから、検討してみましょう。

低価格な液タブ

本製品は、視認性が優れている上に、機能が優れているので高額なイメージを抱いてしまった方は多いでしょう。

ところが、本製品は低価格な液タブになっていて、Amazonでは送料無料で税込価格36,999円で購入する事ができるのです(2018年12月30日時点)。

実は、数多くある液タブの中には、300,000円を超えてしまう高額な機種もあります。

そのため、低価格な液タブを探している場合にも、本製品はおすすめの液タブです。

利用者たちの満足度

本製品は、コストパフォーマンスが優れている液タブですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいます。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、値段の割に性能が優れている所を気に入っている方がいました。

そのため、値段が安くなっている液タブはあまり信用できない方でも、本製品を検討してみる価値があります。

さらに本製品は、角度を付けられて、満足している方もいたのです。

実際に、液タブの角度を付けて、首や肩にかかる負担を軽減できれば、長い間に渡って作業を続けやすくなります。

そのため、1つでも多くのイラスト作品を完成させたい場合には、本製品はおすすめの液タブです。

否定的な口コミ

本製品の性能に満足している方がいましたが、少し耐久性が優れていないように感じている方がいました。

耐久性が優れていなかったら、少し乱暴に扱ったら故障する可能性があるので注意しなければいけません。

さらに本製品を2ヶ月ほど利用していたら、コードの接触が悪くなってしまうケースまでありました。

そのため、コードに指を引っ掛けて故障しないように、注意したほうが良いです。

まとめ

本製品は、視認性が優れている液タブですが、あまりにも作業時間が長くなってしまえば視力が低下する恐れがあります。

視力が低下してしまうのは、本製品だけではなく多くの液タブやパソコンでも同じ事なので、仕方のない部分です。

そのため、視認性が優れていても、その効果をあまり過信しないで、目が疲れてきた場合には目薬を使用して休憩したほうが良いでしょう。

液タブと併用できるソフトを4つまで紹介!その違いとは?

液タブは、高機能な家電製品ですが、本体だけでイラストを制作できる訳ではありません。

デジタルでイラストを制作する場合には、液タブだけではなく、イラストを制作できるソフトも必要です。

しかし、イラストを制作できるソフトはいくつもあるので、どれを購入したら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、数多くあるソフトの中から厳選して、おすすめのソフトを4つ紹介するので参考にしてみて下さい。

Photoshopで画像を編集

Adobe Photoshop Elements 2019(最新)|日本語|Windows/Macintosh版

液タブと併用できるPhotoshopは、画像を編集するソフトなので、イラストを制作するのに必要がないように思う方は多いかもしれません。

ところが、Photoshopを利用する事によって、様々な画像を作成できるようになるので、詳しく紹介しましょう。

写真画像の編集

イラストを作成する場合には、外で写真を撮って、その画像を参考にしている方も多いでしょう。

しかし、画像を保存する場合には、画像サイズが大きくなってしまう『BMP』や、画像サイズが小さくなっている『JPEG』などがあります。

もしも、画像サイズが大きなものばかりを保存していたら、パソコンの容量が足りなくなってしまうのです。

Photoshopは、画像を様々な形式で保存する事ができるので、小さな画像サイズにして、多くの画像を保存できるようになります。

色彩を変更

イラストを制作している方であれば分かるかと思いますが、全体的に赤みの強いイラストにしていたものを青みのあるカラーにしようとしたら、描き直すのに時間をかけてしまいます。

そのような事になれば、モチベーションが低下してしまいますし、多くのイラストを作成する事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

ところが、Photoshopはイラスト作品の色彩を簡単に変更する事ができます。

そのため、イラスト作品を編集したい場合には、Photoshopはおすすめのソフトです。

画像を合成

Photoshopは、画像を合成する機能まで搭載されているので、2枚のイラストを合成させる事が可能です。

そのため、あるイラストに描いていたキャラクターを、別のイラストの風景に合わせる事ができます。

この機能を活用すれば、多くのイラストを保存している場合には、合成させるだけで違う作品を完成させる事もできるのです。

ただし、イラストの仕事をしている場合には、合成させるだけの作品ばかりを制作していたら、批判の対象になるので注意して下さい。

ロゴを作成

キャラクターや風景を作成する事が得意な方でも、ロゴを作成する事が苦手な方もいるでしょう。

もしも、ロゴを作成する事が苦手な場合には、作品のタイトルをイラストに描く時に困ってしまうので、注意しなければいけません。

ところが、Photoshopはロゴを簡単に作成する事ができるので、文字を書く事が苦手な方でも、形の整ったロゴを作成する事ができます。

その使い方は簡単で『文字ツール』をクリックして、キーボードで文字を打ち込めば良いだけなので、文字を書く事が苦手な方は、Photoshopを利用してみる価値があります。

Illustratorでイラスト作成

Adobe Illustrator CC|12か月版|オンラインコード版

Photoshopと同じ機能を搭載しているソフトが『Illustrator』です。

同じメーカーのソフトなので、同じ機能もありますが、Illustratorの得意とする機能もあるので詳しく解説しましょう。

直線と曲線

Illustratorは、Photoshopとは違って、画像を編集するソフトというよりは、イラストやロゴを作成するソフトになります。

その基本的な使い方は『ペンツール』を利用していって、点を打ち込んでいくのです。

1つの点ではイラストを制作する事はできませんが、2つ目の点を打ち込んだら、点と点の間に線ができていくので直線を簡単に引く事ができるのです。

さらに点を打ち込んだ後に『ダイレクト選択ツール』で点をクリックしたら『方向線』が出現します。

この方向線をドラッグしていく事によって、直線を曲線にする事ができるので、操作方法になれたらイメージ通りのイラストを作成できます。

劣化しない画像

JPGE形式の画像はサイズが小さくなっているのは魅力的なポイントですが、画像を拡大したら粗くなってしまいます。

その理由は、画像を点で表示する『ラスタ方式』だからです。

それに引き換え、Illustratorで作成したイラストは『ベクタ形式』で保存する事ができて、画像を数値で記録するタイプになります。

ラスタ方式は、画像を拡大したら粗くなる代わりにリアルな画像を保存できます。

ベクタ方式は、リアルな画像を保存するのに向いていませんが、拡大や縮小をしても画像が荒くならないのです。

そのため、簡易的なイラストであれば、Illustratorはおすすめのソフトです。

Clip Studioの機能

CLIP STUDIO PAINT PRO

イラストやアニメを制作しやすいソフトで、人気を集めているのが『Clip Studio』です。

このソフトは多くの専門学校で採用されているほどのソフトなので、どの辺りが優れているのか紹介しましょう。

ベクタ用消しゴム

イラストを下描きする際に、線がはみ出てしまう事はあるでしょう。

もしも、線がはみ出てしまえば、消しゴムツールで消去していく必要がありますが、余計な線を消そうとしたら、はみ出ていない線まで消してしまう事があるので注意しなければいけません。

ところが、Clip Studioの『ベクタ用消しゴムツール』を選択していたら、はみ出ている線だけを消す事ができるので、線画の修正が容易です。

パース定規

リアルな背景を描きたい場合には『遠近法』が重要になります。

遠近法を活用したら、近くにある物は大きく見せられて、遠くにある物は小さく見せる事が可能です。

しかし、遠近法を活用する場合には、パースが重要になります。

Clip Studioには『パース定規』が用意されているので、簡単にリアルな風景を描く事ができるのです。

そのため、今まで遠近法のある風景を描く事が苦手な方は、パース定規のあるClip Studioを検討してみる価値があります。

Painterはプロも利用するソフト

Corel Painter 2019 特別優待版

プロのイラストレーターが利用しているソフトがあって、それが『Painter』です。

Painterを利用すれば、短期間でスキルを習得する事ができますし、色々な線を引く事もできるので詳しく解説します。

プロのスキルを習得

Painterは、プロのイラストレーターが利用しているソフトなので、その描き方を紹介している書籍が書店で販売されています。

実際に、有料ソフトは高機能なので、その使い方を独学で覚えていく事は簡単ではありません。

しかし、Painterであれば、書籍に詳しい事が書かれているので、独学でもソフトを操作する方法を覚える事が十分に可能です。

そのため、有料ソフトを操作できるのか、不安を感じてしまう方はPainterを購入してみる価値があります。

ブラシコレクション

Painterは、様々なブラシが用意されているので、自分の好みに合うブラシを選択すれば、線を引いていくだけで、個性豊かな線を引いていく事ができるのです。

実際に、通常の線を引く事もできれば、習字で引いたような線も描けるので、短時間でイラストを作成する事もできるのです。

まとめ

液タブと併用できるソフトを4つまで紹介してきましたが、高機能な物ばかりなので、操作方法を覚えるまで時間をかけてしまいます。

時間をかけてしまうのは注意すべきポイントですが、操作方法に慣れたら、リアルなイラストを制作できるようになります。

さらに、ゆるキャラのようなキャラクターを短期間で完成できるようになるので、液タブと一緒に有料ソフトも購入してみるのも悪くはありません。

初心者が液タブを選ぶときによくあるミスは?4つのNGポイント

液タブは、液晶画面に直接ペンを当てて描くタイプのペンタブレットであり、それまでアナログで描いていた人でも馴染みやすくなっています。

しかし、初めて液タブを買うときは、よくわからないまま決めてしまい、あとから後悔することもあるので、選び方には十分注意しなければなりません。

では、初心者にありがちな間違った選び方について、詳しく説明していきましょう。

サイズを適当に決める

液タブにはいろいろな大きさがあり、自分に合ったものを見極めることが大切です。

なんとなく見比べてるような曖昧な選び方をしていると、失敗してしまうことがあります。

実際に使ってみたとき、「やっぱりもっと大きいものにすればよかった」「もう少し小さければ便利だったのに」といった不満を感じてしまうのです。

買ってしまったあとでそのような後悔をしないためには、慎重にサイズを確認して、なるべくデメリットの少ないものを選ぶようにしましょう。

そこで注目したいのが、「どのように使うか」ということです。

例えば、仕事などで本格的なイラストを描くような場合は、サイズの小さい液タブだと、使いにくさを感じてしまう可能性があります。

画面が小さいために、あまり細かい部分まで描き込むことができず、細部までこだわった本格的な絵にしたいときは、不便なものになってしまうのです。

逆に、趣味として気楽に描いていきたい場合は、それほど大きいサイズでなくても困ることはありません。

むしろ、小さいものは重量が軽くて扱いやすいので、気軽に絵を描くにはぴったりなくらいです。

このように、使い方によって適切なサイズは変わってくるものなので、選ぶときはその点をはっきりさせておきましょう。

使い方をよく考えて、それに合ったサイズを選ぶようにすれば、失敗を防ぐことができます。

使う場所に合っているか

液タブのサイズを決めるときに重要となるのは、使い方だけではありません。

それを使う場所に合っていないようだと、いくら使い方と合致していても、便利に使うことはできなくなってしまいます。

例えば、液タブを置く机の上が狭いようなときは、あまり大きいと扱いにくいものです。

本格的に細かい部分まで描き込みたいなら、ある程度の大きさは必要になりますが、やたらとかさばる液タブを選んだりすると、すんなり置けなくなってしまいます。

ギリギリのところでなんとか置けたとしても、常に窮屈な状態で描くことになれば、余計なストレスがたまることも考えられます。

そのため、サイズでミスをしないためには、あらかじめ設置場所の広さを確認しておいてください。

幅や奥行きなどをよく見て、そこに無理なく入るサイズを優先して選べば、失敗することはありません。

より確実に適したサイズを見極めるためには、多少面倒でも、きちんと測ってから選ぶようにしましょう。

リアルな感覚もチェック

サイズを決めるときは、ネットで画像だけ眺めるのではなく、ショップに出向いて手に取ってみることも、おすすめの方法になります。

初心者だと、実物のサイズがどんなものなのか、いまいち想像できないことも多いので、自分の手で触れてみるのは大切なことです。

また、レビューを読んで、実際に使った人の感想を参考にするのもよい方法です。

初めてだとわからないことも多くなるので、しっかりアンテナを張り、なるべくリアルな情報を仕入れていきましょう。

接続方法を確認していない

初心者が液タブを選ぶときは、サイズを合わせたとしても、接続についての確認を怠っていると、失敗することがあります。

液タブは、基本的にパソコンと接続して使うものですが、接続端子が合っていないと、つなぐことができません。

HDMIで接続するタイプが多いので、最近のパソコンを使っているなら、うっかり見落としていても接続できたりしますが、古い機種を使っているときは要注意です。

パソコンがHDMIに対応していない場合、せっかく買った液タブも、使うことができなくなります。

変換アダプタがあれば接続できる場合もありますが、その方法だと不具合が出ることもあるため、パソコンが対応しているかどうか、念入りに確認しておく必要があります。

そのような面倒を避けるためには、液タブとパソコンの端子をよく見て、きちんと接続できるものを選ぶようにしてください。

パソコンから離して使えるものも

液タブの主流はパソコンと接続するタイプですが、中には単体で使用できるものもあります。

OSを搭載している液タブは、パソコンにつなぐ必要がないため、単体でも問題なく使うことができるのです。

単体で使える液タブは、「絵を描く場所が限定されない」というメリットを持っています。

通常の液タブはパソコンがないと使えないので、絵を描くための場所は自然と限られてきますが、他の機器との接続を必要としないタイプなら、どこでも好きなところで作業を始めることができるのです。

外に持ち出して使うことも可能になるため、気分を変えたいときなどは、とても役立ちます。

持ち運ぶことが多くなりそうな場合は、通常の液タブではなく、OSが入ったものを選ぶようにしましょう。

対応するOSを見ずに決める

始めて液タブを選ぶときは、対応するOSをきちんと確認しておくことをおすすめします。

パソコンの基本システムであるOSとの相性が悪い液タブは、不具合が起きて使えなくなる可能性が高いのです。

接続端子と同じく、最近のパソコンなら大抵は正常に動きますが、旧型のOSを搭載しているようなら、確実に使えるとは限りません。

細かいポイントではありますが、ミスを防ぐためには、しっかり確認してから購入するようにしましょう。

パソコンのOSに間違いなく対応しているものなら、快適に使うことができます。

ペイントソフトとの相性も

液タブを使うときはペイントソフトも必要になるので、パソコンのOSをチェックするときは、そちらの相性についても確認しておいてください。

ペイントソフトのOSとパソコンのOSが対応していない場合、やはり不具合が起きてしまいます。

合わないもの同士を無理に使ったりせず、きちんと対応したものだけを使うようにしましょう。

メーカーをチェックしていない

初めて液タブを選ぶときは、どのメーカーがよいのかわからず、それ以外の部分ばかり見てしまうこともあります。

しかし、そうした選び方はよくありません。

メーカーの決め方も、液タブ選びでは重要なポイントになります。

しっかりメーカーをチェックしておかないと、品質のよくないものを引き当ててしまい、不具合に悩まされることもあるのです。

最近はマイナーメーカのものでも高品質だったりしますが、知名度だけでなく、口コミの評価まで低い液タブを使っていると、なにが起こるかわかりません。

せっかくぴったりなサイズがあっても、すぐに故障してしまうようだと、お金が無駄になってしまいます。

なるべく失敗したくないときは、ワコムやフイオンといった有名なメーカーの方が安心できるのです。

とはいえ、有名メーカーのものは値段も高くなりがちであり、予算との相談も必要になってきます。

メーカーも予算もすべて考慮した上で、最も自分に合うものを慎重に見極めるようにしましょう。

まとめ

液タブは、直接画面に描くことができるため、アナログからデジタルに移行した人にとっては、とても便利なアイテムになります。

ただし、どれを選んでも便利に使えるわけではないので、適当に選ぶのはよくありません。

サイズが合っていないと使いにくくなり、接続端子やOSをチェックしていないと、不具合が起きることもあります。

NGな選び方をしっかり避けて、本当に使いやすい液タブを購入しましょう。

デジタルイラストを描く時、液タブがおすすめなのはどんな人、液タブ以外の方法はどんな方法があるのか

デジタルイラストを描こうとする場合にはどんな道具をそろえればよいのでしょうか。

液晶タブレット、略して液タブはそのような道具の一つです。

しかしデジタルイラストを描くだけなら普通のタブレット端末上でペンや指先でなぞる方法でも出来るのではないでしょうか。

また液タブに似た道具としてペンタブレットという名前も聞くことがあります。

液タブとペンタブはどう違うのでしょうか。

デジタルイラストを描くのに適した方法はどれなのでしょうか。

まとめてみました。

液タブとは何か

デジタルでイラストを描く方法はいくつかあります。

その時使う道具の一つが液晶タブレット、略して液タブと呼ばれるものです。

液晶タブレットはパソコンにつないで使いますが、タブレット上の画面(PCの画面ではなく)を専用のペンでなぞる事で画面上のマウスカーソルが動いて、それを利用して線を引いたり着色したりする事でイラスト・絵を描く道具です。

このようにデジタルで絵を描く道具としては他にペンタブレットやiPadなどのタブレットを使う方法もあります。

ですから必ずしもデジタルで絵を描くためには液タブが必要というわけではないという事です。

どの方法を使うといいのかについて以下で述べていきますが、ここではまずペンタブレットと液晶タブレットの違いを説明します。

ペンタブレットとは何

ペンタブレットは板タブとも呼ばれます。

まず板タブは単体では使えません。

PCにつないで始めて使う事が出来ます。

この点がタブレットPC(iPadなど)を使ってデジタルイラストを描く方法との大きな違いです。

さて、ペンタブでは専用のペンを使ってペンタブ上でそれを動かすと、PCの画面上に線が引かれたり着色された絵が表示されたりします。

つまりペンタブ上には絵を表示する機能やそのための液晶画面はないのです。

その点、PCの描画ソフトでマウスを使って線を引いたりする場合に似ているといえます。

違うのはマウスの場合は一旦接地していたところから離して別のところへマウスを置いてもカーソルが移動しないのに対して板タブの場合はタブレット上の位置とPCに表示されている位置が一対一に対応していて、別のところにペンを置けばPC画面上のカーソル位置も移動するという点です。

液晶タブレットって何

液タブはタブレット上に液晶画面があってこの画面上を専用のペンでなぞる事で、なぞった経路に沿って線がタブレット上の液晶画面に直接表示されるという点が板タブと異なる点です。

ですからタブレットPCでその画面上を指や専用ペンでなぞって文字入力やイラストを描く場合とイメージ的には近いです。

ただし液タブも板タブ同様単体では使えずPCに接続しないと使う事ができません。

液タブの使い方

さてここでは具体的な液タブの使い方をまとめます。

1ドライバをインストール(これは初めて使う時だけです)液タブを接続するPCにドライバソフトをインストールします。

製品の説明書に従ってインストールしてください。

2ケーブルを使ってPCと液タブを接続PCと液タブにあった入力端子を持ったケーブルで接続します。

これも様々な種類がありますので製品にあった物を選んでください。

3ペンを使ってイラストを描く後はペンを使ってイラストを描けばよいのですが、液タブで使うペンはボールペンやシャープペンシル等のアナログの筆記器具と異なってペン先をタブレットの画面に密着させる必要はなく、すこし離して動かせば画面上のカーソルが移動する仕組みになっています。

線を描く時は画面に接触させますが、画面に押し当てる力を検知してくれるので筆圧を変えた線を描くことが出来ます。

任意の場所でペン先を一回タップするとクリック、二回タップするとダブルクリックとして扱われます。

液タブの機種によってはペンの傾きで線の太さ、向きなどを変える事が出来るものもあります。

ペンの横にはボタンが付いていますが、これはサイドスイッチと呼ばれ初期状態では右クリックの役割が与えられています。

このボタンの役割はユーザが設定できるので自分が良く使う機能を割り当てるようにすると良いでしょう。

ペンに関して注意しなければならないのは、ペン先は使用するに従って削れてくるという事です。

やがては使えなくなるので、その場合は古くなったペン先を抜いて別売りの新しい芯を挿入して交換します。

液タブと板タブどちらを選ぶべきなの

デジタルイラストを描く道具として液タブと板タブを紹介しましたが、実際使う時はどちらを選べばよいのでしょうか。

どちらも似たりよったりな感じがして、どちらを選べばよいのかわからない事も多いと思われます。

そこで板タブ、液タブそれぞれの利点・不利な点をまとめて、液タブ・板タブそれぞれを、どんな人におすすめ出来るのかをまとめました。

板タブのメリットとデメリット

まず板タブのメリットです。

まず液タブに比べて圧倒的に有利な点は価格の安さです。

液晶画面を積んでいる訳ではないので、その点安くできるでしょうし又重量が軽くなるので持ち運びに有利です。

それから描いている絵を表示する部分と、描画操作部分が違いますので自分の手で画面が隠されてしまうという事もおこりません。

板タブの中にはPCと有線ではなくワイヤレス接続できるモデルもあるので、この点も液タブに比べて利点といえます。

一方デメリットの点は表示画面(PC)と描画操作する部分(板タブ上)が分離しているので、例えばこの両者のサイズが異なる場合、引いた線の長さや大きさが異なるので思った通りの線・絵が描けないという点です。

これは慣れれば問題がないのですが、慣れるまでに時間がかかります。

慣れるまでの時間には個人差があるので、人によってはなかなかうまく描く事が出来ず結局デジタルイラストを描く事自体をやめてしまうかもしれません。

液タブのメリットとデメリット

次に液タブのメリットです。

まず先に説明した板タブのデメリットと逆で画像が表示される部分と、描画操作をする部分が完全に一致しているので紙の上にイラストを描く場合と同じような感覚でかけるので板タブのように慣れるまでの時間を必要としない事があげられます。

液タブのサイズによっては、タブレットを回転させたり置き方を変えたりするなどして、やはり紙に描く時と同じようにできて直感的操作が出来るというメリットもあります。

ただし大きなサイズの液タブでは難しいですしPCと接続していないといけないので、あちこち持ち歩いてという訳にはいきません。

この点では後に紹介するタブレットで絵を描く方法に軍配が上がるでしょう。

次に液タブのデメリットですが、価格が板タブより高いという点があげられます。

また先のメリットの点で紹介したように紙で描くような直感的操作が出来ますが、描き心地の点では実は板タブの方が紙に近いとされています。

液タブのメリットとして画像の表示と描くところが一致している点をあげましたが実はこれにも視差が発生するという問題があります。

ペンを置くのは表示パネル上ですが絵が表示されるのは厚みを持ったパネルの下にある液晶表示画面上なので僅かな差が生じる事でペン先と絵がずれて見える事があります。

これが視差です。

ただし最近の製品ではこの点が気にならないような工夫が施されています。

以上の点からデジタルイラストをはじめる人におすすめできるのは、液晶タブレットだといえます。

ただし液タブは高いので習得に長く時間がかかっても構わない人ならばペンタブレットがおすすめとなります。

液タブやペンタブ以外の方法はないの

以上紹介した液タブ、板タブ以外でデジタルイラストを描く方法がないのかといえば、真っ先に思いつくのは普通のタブレット端末で指やスタイラスペンを使ってタブレット用の描画ソフトを使う方法です。

これならお金がかかりませんし液タブのメリットだった紙の上に描くように直感的操作できるという利点もあります。

また持ち運んで色々な所で描けると、いい点だらけの気がします。

ところがこれには大きな問題が存在します。

それは、静電気方式タッチパネルだと筆圧検知できないので線が切れたり誤検知、筆圧で太さを変えたりするなど出来ないので、イラストを描くには向いていないとされています。

ただしタブレット端末の中には筆圧検知できるものもあります。

スタイラスペンではなくデジタイザーペンに対応しているタブレットなら筆圧検知する事ができます。

お金はないし、あまり本格的な事まではしたくないがデジタルイラストを描いてみたいという人には、このタイプのタブレットを使う方法がおすすめです。

まとめ

デジタルイラストを描く方法として液タブを使う、板タブを使う、普通のタブレットを使う方法を紹介しました。

液タブは紙に描くのと同じように直感的操作が出来るので慣れるのに時間がかからず初心者におすすめです。

ただしお金がかるのが問題で慣れるのに時間がかかっても構わないのであれば板タブを使う方法もよいでしょう。

また普通のとは言えませんがデジタイザーペンが使えるタブレット端末であれば、これもデジタルイラストを描く選択肢の一つである事を紹介しました。