HUION GT-192は操作性能が優れている液タブ!

HUION KAMVAS PRO 20 GT-192 傾き検知 液晶タブレット 19.5インチ 液タブ ショートカットキー タッチバー 付き AGガラス 1920x1080HDスクリーン

液タブは、板タブに比べたら、アナログに近い環境でイラストを制作する事ができます。

しかし、液タブは機種によって、操作しやすい機種もあれば、操作しづらい機種もあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『HUION GT-192』です。

本製品は操作性能が優れているので、効率よくイラストを制作する事が可能になっているので、詳しく紹介しましょう。

HUION GT-192の操作性

本製品は、操作性能が優れている液タブなので、今までよりもイラスト制作の時間を短縮する事ができます。

それでは、本製品の操作性能はどこまで優れているのか解説するので、みていきましょう。

線や色の調整が容易

本製品は、筆圧が『8192レベル』にもなっています。

この数値は、現在ではトップレベルのほうなので、本製品は効率よくイラストを制作する事が可能です(2018年12月24日時点)。

実際に筆圧レベルが高くなっていれば、専用ペンにかける力の入れ具合によって、線や色の幅を調整する事ができるのです。

そのため、細い髪の毛から太い眉毛まで、ひと塗りで制作する事ができます。

筆圧レベルが低い液タブを利用していて、イラストの制作時間が長くなっている場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

色の濃淡をコントロール

筆圧レベルが高くなっていれば、効率よくイラストを制作する事はできますが、色の濃淡までコントロールする事は難しいです。

そこで、本製品は『傾き検知機能』まで搭載していて、専用ペンの傾き加減によって、色の濃淡までコントロールできるようになっています。

そのため、専用ソフトのツールをクリックして、色の濃淡を調整する必要がないので、短時間でイラストを制作する事ができます。

さらに、傾き検知機能と筆圧レベルを併用する事によって、線や色の幅が調整しやすくなっているので、本製品は利用価値の高い液タブです。

ショートカットキー

液タブは高機能な機種ですが『ショートカットキー』が少なくなっていたら、操作性能が優れているとは言い切れません。

なぜなら、ショートカットキーの数が多ければ、ワンタッチ操作で、専用ソフトのツールを変える事ができるからです。

本製品は、そのショートカットキーが16個も搭載されているのです。

これほど多くのショートカットキーが搭載されているので、 本製品を利用すれば、あまりマウスでクリックしなくてもイラストを制作できます。

本製品の優れた性能

本製品は、操作性能が優れているだけではなく、高性能な液タブになっています。

そのため、多くの方たちが満足できる可能性が高いので、詳しく紹介しましょう。

高解像度

液タブは、液晶画面でイラストが表示されるので『解像度』が低くなっていたら、なめらかな線や色が表示されません。

本製品は解像度が高くなっていて『1920×1080』もあります。

液タブは『点』で色や線を表示する事ができて、解像度の数値は、その点の数を表しています。

つまり、本製品は横方向に1920個の点と、縦方向に1080個の点を表示する事が可能です。

数多くの点を表示できる事から、グラデーションをなめらかに表示する事ができます。

反応の速さ

液タブで線を引く場合には、専用ペンを液晶画面に接していく必要があります。

もしも、液タブの反応速度が遅くなっていたら、専用ペンの動きについていけなくて、スムーズに線を引く事が可能です。

それでは、本製品はどうなっているのかと言えば『266レポート率』もあるのです。

これほどの数値を誇っている液タブなので、反応速度が早くなっているので、専用ペンを素早く動かしていっても、スムーズに線を引く事ができます。

製品情報の内容

本製品の操作性や性能などを理解してもらえた所で、次に製品情報の内容を紹介するので、この液タブを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

本製品のサイズ

本製品は、大きなサイズになっていて『552.2×315.3mm』もあります。

これほど大きなサイズになっているので、描画できるエリアも広くなっているので、描きやすくなっているのです。

そのため、手首ではなく肘を動かす事によって、線を引く事もできます。

実は、手首だけで線を引こうとしたら、勢いの良い線を引く事が難しいのです。

そのような事を考えたら、大きなサイズになっているのも本製品の大きな魅力です。

ただし、サイズが大きな液タブなので、パソコンデスクが窮屈(きゅうくつ)に感じてしまう場合があるので、注意して下さい。

必要なOS

本製品を利用する際には、パソコンと併用する必要があるので、この液タブに対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

そして、本製品に対応可能なOSは、Windowsは10・8・7で、MacはOS X10.11.0以降となっています。

ただし、パソコンに新しいOSをインストールしようとしたら、重要なデータがなくなってしまう場合があるので注意しなければいけません。

新しいOSをインストールする際には、事前に大事なデータだけはバックアップを取っておいたほうが良いです。

低価格な液タブ

本製品は、高性能な液タブなので、高額なイメージを抱いてしまったかもしれません。

ところが、本製品は驚くべき事に低価格な液タブになっています。

実際に、Amazonでは送料無料で税込価格56,099円で販売されているのです(2018年12月24日時点)。

数多くある液タブの中には、200,000円を超えてしまう機種はいくつもありますし、高額な機種になれば300,000円を超えてしまう機種まであるのです。

それを考えたら、本製品のコストパフォーマンスがいかに優れているか分かるでしょう。

利用者たちの口コミ

本製品はコストパフォーマンスが優れている液タブですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、購入するほどの価値があるのか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用してみたら、専用ペンのペン先があまり沈み込まなくて満足している方がいました。

実は、数多くある液タブの中には、専用ペンのペン先が沈み込みやすい機種もあるのです。

それを考えたら、ペン先があまり沈み込まないのも本製品の大きな魅力です。

さらに、本製品の色域が優れている所を気に入っている方もいました。

そのため、美しい色彩が見れる液タブを探している場合には、本製品を検討してみる価値があります。

さらに本製品は高性能になっているのに、値段が安くなっている所を気に入っている方もいました。

悪い口コミ

本製品を利用している方たちの中には、画面がギラついてしまって、不満を抱いている方もいました。

そのため、視認性があまり優れていない機種なので、注意する必要があります。

さらに発色をよくするためには、ある程度まで調整する必要があるので、気になってしまう方までいました。

液タブを調整する操作を覚える必要があるので、注意しなければいけません。

まとめ

本製品は、筆圧機能が優れているだけではなく、ショートカットキーまで多く搭載されているので、イメージ通りのイラストを制作する事が可能です。

ただし、操作性能が優れている液タブであっても、ある程度まで利用していなければ、本製品の機能を使いこなす事ができないので注意しなければいけません。

そのような注意点はありますが、操作性能が優れているので、短期間で多くのイラストを制作できるのは魅力的なポイントです。